飲食店の空き時間貸しでのレンタルスペース運営代行サービス

飲食店を時間貸し活用したレンタルスペース運営代行サービスのメリット

  • 家賃負担を減らしたい
  • 本業の飲食店経営と並行して副収入を得たい
  • スペースの立地や活用法により、不動産投資よりも良い利回りが叩き出せることも
  • レンタルスペースとして活用することでお店の認知度がアップ
  • 飲食以外の利用者に対して宣伝効果が期待できる

飲食店を活用したレンタルスペース運営は稼げるの?

レンタルスペースとして活用することで、営業時間外に収入を得ながら、広告費をかけずに、本業である飲食店のプロモーションが可能で、お店の認知度のアップにつながります。
また、ディナーのみで昼は営業していないお店のアイドルタイムを貸し出す方法もあります。
たとえば、飲食店開業を目指している方の試験店舗として貸し出す場合は、低コストでの開業が可能となり、貸す方も、借りる方もwin-winになるような素晴らしい空室活用が可能です。

レンタルスペース運営代行の一例:東京都港区の飲食店A(持ち物件)

セミナー会場として週に3〜4回貸し出し
200,000円/月の収入
2,400,000円/年の利益
※一例です。立地や活用方法により異なります。

飲食店の空き時間をセミナースペースとして活用

飲食店ならではの談話に適した椅子はセミナーの出席者の方々からゆったり座れて話を聞くことができると好評です。
また店舗の雰囲気の良さを気に入ってくださったセミナーの出席者の方々が後日、飲食店の営業時間にご来店くださったり、貸切パーティーの会場としてご利用いただいたことも。

別形態の事業であってもシナジー効果を生み出すこともあります。

飲食店の空き時間をワークショップや勉強会の会場として活用

ワークショップや勉強会の終了後に懇親会を開催し、主催者と参加者が交流することには大きなメリットがあります。
たとえば、懇親会という場は参加者同士が交流することのメリットも大きく、ビジネスマッチングの観点でもとても有意義な時間です。
特に勉強会などでは、人脈を構築したい参加者が多いため、懇親会を目的に参加者が集まるケースもよくあることです。
そのため、多くの主催者はワークショップや勉強会後に懇親会を開催したいと考えています。

飲食店をレンタルスペースとして活用する場合は同じ会場で懇親会を開催できるため、

  1. 主催者は懇親会の会場を変えないことで退場率を低くすることができる
  2. 参加者は移動する必要がないため時間や労力のロスが生じない
  3. 飲食店はフードやドリンクの提供でさらなる営業時間外収入を得ることが可能

その場にいる全ての人にとって上記のようなメリットが期待できます。

その他の飲食店の空き時間活用アイディア

このような一時利用の需要もあります。

  1. YouTuber向けの動画撮影用のレンタルキッチン
  2. ママ友仲間のお料理教室
  3. 無店舗型レストランの出店

さらに、個人の趣味の延長で友人知人、SNSなどで告知し、飲食を振る舞うお店ごっこのようなご利用事例も増加しています。
このような事例の場合もSNSでの拡散が期待でき、今までアプローチできなかった層にレンタルスペースとしての活用を通じて店舗のアピールを行うことも可能です。

win-winな関係を構築できる飲食店のレンタルスペース活用

このように飲食店の空き時間活用では、貸す方も、借りる方も、さらに参加者の方々にいたるまで、その場にいるすべての人がwin-winになるような素晴らしい空室活用やシナジー効果を生み出します。

お問い合わせ

\無料査定、個別相談はお気軽にどうぞ/

レンタルスペース運営代行個別相談フロー
不動産投資(アパート経営、マンション経営)が空室でうまく収益化できていない不動産オーナーさま、空室リスクを回避したい大家さま、スペース貸しに興味はあるけど時間や知識がない初心者のみなさまをサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

個別相談に申し込む

提携パートナー

-

今すぐ電話

Copyright© ShareSpe(シェアスペ) , 2020 All Rights Reserved.