民泊に続く新しい不動産投資として注目されているレンタルスペースやパーティースペースの運用代行とは

レンタルスペースとは

レンタルスペースとは、時間制で貸りることのできる多目的スペースのことです。
これまでは、レンタルスペースといえば会議室が主流でした。

ところが、UberやAirbnbなど、効率的に遊休資産をマッチングするシェアリングエコノミーが日本にも到来したことで、空きスペースや空室の時間貸しは日本経済を活性化するものとして大きな注目が集まり、さらにレンタルスペースの利用方法が多様化してきています。

レンタルスペースとして利用されている物件の種類も賃貸住宅、空き家、飲食店の空き時間、オフィスビルの1室、取り壊し前のオフィスビルなど多種多様です。

従来のようにセミナー、会議室、勉強会はもちろんのこと、最近では、YouTuberの撮影スタジオ、インスタ映えする写真を撮るためのスタジオ、撮影スタジオ、レンタルキッチン、女子会、ママ友会、誕生会ホームパーティなど目的や参加メンバーの好みに合わせて多彩なレンタルスペースが増えています。

パーティースペースとしてのレンタルスペースも人気


また、パーティー向けのおしゃれなレンタルスペースもどんどん増えています。

インスタ映えする装飾をしたレンタルスペース、動画撮影にも最適なキッチン付きのレンタルスペース、開放感のある屋上テラスのレンタルスペース、ラグジュアリーなレンタルスペースなどは高い稼働率となっています。
自宅では再現できない非日常を演出してくれるとっておきの設備があるのがレンタルスペースの魅力で、それをSNSにアップしたら大注目されること間違いなしということで人気は急上昇。

時間貸しで手軽に必要な時間だけ利用できることもあり、レンタルスペースの需要が急速に伸びています。
それと同時に自分でレンタルスペースを立ち上げたいという人も増えています。

個別相談に申し込む

レンタルスペースの運用とは

人口減、新築マンションの建築ラッシュにより賃貸不動産は供給過多の状況が続いています。
また、老後2000万円問題への対策としてアパート・マンション経営の不動産投資による資産形成が人気となり、それが賃貸不動産の供給過多にさらなる拍車をかけています。

そこで問題となっているのが空室問題です。
この空室問題の解決策となるのがレンタルスペースの経営なのです。

空いているスペースや空室をレンタルスペースとして時間貸しすることで、空きスペースや空室を有効活用し収益化することができます。

スペース貸しに興味はあるけど、時間がない方や知識には自信がない初心者の方はレンタルスペース運営代行会社を利用するのがおすすめです。

賃貸でも可能なレンタルスペース経営

レンタルスペース運営は、持ち物件だけではなく、不動産会社から借りる形で運営することも可能です。

もちろん、自分で物件を購入し時間貸ししている不動産オーナーもいますが、転貸によるレンタルスペース運営の場合は一般的な不動産投資と比べて初期費用が安く、部屋を借りるための敷金・礼金と数ヶ月の家賃・提供するレンタルスペースに必要な設備などがあれば問題ないので、低コストの投資で始めることができるというメリットがあります。

ただし、賃貸物件をレンタルスペースとして利用する場合は、転貸借契約を交わす必要があります。

そのため、スペース貸しに興味はあるけど知識には自信がない初心者の方はレンタルスペース運営代行会社のご利用をおすすめします。

個別相談に申し込む

不動産投資としてのレンタルスペース経営のメリット

レンタルスペース経営では時間貸しという小さな単位での貸し出しが可能なので一般的な賃貸や民泊よりも高い時間単価が魅力です。
レンタルスペースと民泊の比較
立地が良いエリアに関しては、民泊の数倍の売上を叩きだすのがスペース貸しの魅力です。
同一物件、同じ広さの部屋をレンタルスペースの運用へ変更することで収益が倍になることも。

レンタルスペース運営では、月単位で特定の1人に貸すのではなく、時間単位で不特定多数に貸すことが可能であることが、一般の不動産投資にはない大きなメリットだといえるでしょう。

防音完備のスペース、喫煙可能のスペース、大画面のスクリーンや3口コンロ、オーブン付きなどの本格的キッチンのあるスペースなど、他のスペースにはない備品や設備があるレンタルスペースは一般的なレンタルスペースよりも高い需要が見込めます。

アイディア次第で高稼働する物件を作ることもできるのがレンタルスペース運営の魅力のひとつです。

レンタルスペース運営では不動産を「時間貸し」することで収益を最大化できるだけではなく、アイディア次第で物件のポテンシャル以上に不動産価値を高めることもできるため、家賃収入を目的とした不動産投資として人気のアパート経営、マンション経営よりも高い稼働率で運営することも可能なのです。

レンタルスペースを開業するための資格とは

レンタルスペースの開業方法は、一般的な開業と同じく所定の開業手続きを行います。
その他専門的に必要な資格や届出はありません。

レンタルスペースは儲かるのか

レンタルスペース運営の場合は通常の不動産投資よりも立地とターゲットが重視されます。
どのようなターゲットを想定して部屋を作るかは慎重に考える必要があります。

貸し会議室のように駅近な物件が有利なレンタルスペースがあったり、パーティルームなどは騒音トラブルが起きない立地が好まれるレンタルスペースがあります。
最初の立地の選定を間違えると利用者が少なくなり、思うような収入が得られないことがあるのがレンタルスペース運営のデメリットです。

そのデメリットを回避するために、レンタルスペース物件運営のノウハウが豊富なレンタルスペース運営代行会社を利用するのがおすすめです。

個別相談に申し込む

レンタルスペース運営のトラブルとは

レンタルスペース運営のトラブルでよくあることが近隣住民からのクレーム対応です。
前述のように最初の立地選定が大事なのはトラブル回避の意味合いも大きいのです。
万が一、周辺住民からのクレームがあった場合でもレンタルスペース運営代行会社を利用すれば、周辺住民からのクレームに対して、レンタルスペース運営代行会社が電話やメール対応、その後の改善、対策をしてくれるためスムーズで効率良くレンタルスペース運用をしながら利回りを得ることが可能となります。

レンタルスペース運営代行がおすすめの不動産オーナー様

  1. 空室対策をしたい
  2. 初心者だけどレンタルスペースを立ち上げてみたい
  3. どんなレンタルスペースにすればいいかわからない
  4. レンタルスペースのブランディングを相談したい
  5. レンタルスペースを運用したいけれど時間がない
  6. ほったらかしでレンタルスペースを運用したい
  7. 家賃収入よりも高い利回り運用をしたい

レンタルスペースの運営代行会社なら業界実績最大級のShareSpe(シェアスペ)がおすすめ

民泊に変わるレンタルスペース
ShareSpe(シェアスペ)では、民泊よりお得で空室対策に強いレンタルスペースの運営を代行いたします。
レンタルスペース貸しなら、民泊の代わりになるような365日運用できる新たな空室投資による資産形成が可能です。
空きスペース運用が初めての方でも安心。

業界実績最大級のレンタルスペース運営代行のShareSpe(シェアスペ)とは

不動産オーナーさま、サラリーマン大家さま、そして、不動産投資が初めての方まで、空室対策なら業界ナンバーワンの実績とノウハウを持つShareSpe(シェアスペ)におまかせください!
業界ナンバーワンのレンタルスペース運用代行実績とノウハウを持つShareSpe(シェアスペ)による運営代行で、確かな資産づくりをサポートいたします。

レンタルスペース運用代行業界で実績最大級のShareSpe(シェアスペ)

https://sharespe.com

お問い合わせ

\無料査定、個別相談はお気軽にどうぞ/

レンタルスペース運営代行個別相談フロー
不動産投資(アパート経営、マンション経営)が空室でうまく収益化できていない不動産オーナーさま、空室リスクを回避したい大家さま、スペース貸しに興味はあるけど時間や知識がない初心者のみなさまをサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

個別相談に申し込む

提携パートナー

今すぐ電話

Copyright© ShareSpe(シェアスペ) , 2020 All Rights Reserved.